図書館司書とは:図書館司書の資格取得講座


図書館司書の資格を取得してみませんか?

図書館司書になるには、通常、大学の専門の履修科目を受講し、単位を取る必要があります。

しかし、インターネットの通信講座を利用すれば、働きながらでも自宅学習での資格取得も可能です!


>>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る

図書館司書とは

多くの知識と探求心をくすぐる図書館という"知の空間"。

そんな空間に憧れて"本に囲まれて働きたい"と、本が好きな人なら一度は考えた事があるのではないでしょうか?

しかし、図書館で働くにはどうしたらいいのでしょう。 なにか専門的な知識や資格は必要なのでしょうか?書籍に詳しければ働くことができるというものなのでしょうか?


実は、資格など何もなくても働く事はできます。 本の貸出業務や案内、書架の整理などはコミュニケーション能力のある人なら、事実、誰にでもできます。 しかし、そこで働く職員の役割はそれだけではありません。

深い書籍に関する知識を備え、多くの利用者にサービスを行う為の専門的知識を身につけた図書館司書がいれば、 更に充実したより良いサービスを提供できるからです。

多くの日本国内の図書館では、全く司書がいないという場合も勿論ありますが、ほとんどの場合は、司書という資格を持った人達が働いています。また、求人募集においても、司書資格のない人よりは司書資格のある人を採用する例がほとんどでアルバイトでも非常勤でも、司書資格を持つ人の方が優遇されます。

それほど、司書資格というのは重要視される専門職なのです。


特に重用な仕事内容に、利用者が知りたい事が掲載されている本を探す手助けをする"レファレンス業務"があります。これは専門の勉強だけではなく更に深い経験と幅広い探究心が大変重要で、司書の資格を持つというだけでは成り立たたない分野でもあります。

勿論、膨大な資料全ての内容を頭に入れておくのは困難な時もありますから、 ある程度の感覚(があると、さらに利用者へのサービスの充実を計ることができます。

いずれにせよ、資格+α(経験と探究心と感覚)が必要な事に変わりありません。

カテゴリー:図書館司書とは



>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る


図書館司書とは:関連記事

これから求められる図書館司書像
図書館は時代の流れとは関係なく、一定の流れを保ちながら年月を重ねていくようなイメージがなんとなくあり...