図書館の種類と役割:図書館司書の資格取得講座


図書館司書の資格を取得してみませんか?

図書館司書になるには、通常、大学の専門の履修科目を受講し、単位を取る必要があります。

しかし、インターネットの通信講座を利用すれば、働きながらでも自宅学習での資格取得も可能です!


>>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る

図書館の種類と役割

図書館にも様々な種類とその役割があることをご存知ですか?

例えば、県立と市立の図書館、大学や民間の様々な専門の図書館、 高校~小学校の校内にある図書室、子どものための子ども図書館など、その名前が表すところの様々な種類があることは、あなたもご存知かと思います。

様々な専門の図書館であれば、その名前の示すものを詳しく収蔵したものとなるでしょうし(児童図書館だったら子ども向けの書籍というふうに)、会社などにあるものであったら、その会社の業務内容を中心とした資料を所蔵した図書室のような感じにもなっているでしょう。

そして、大学図書館では大学での勉強や研究の為の専門書を置いているでしょうし、 高校~小学校の図書室はそれぞれの年齢に合った書籍を中心に読書教育を重視した資料を集めているでしょう。

そんな中で、一番わかるようでわからないのが県立図書館と市立図書館だと思います。

市立図書館は多くの市民のニーズに答えた書籍を中心に収集します。 親しみやすいベストセラーからビジネス書、はたまた雑誌まで。 幅広い年齢層の幅広いジャンルに答えていきます。

市内の遠隔地への行き届いたサービスから市内の学校の図書館や老人クラブなどの団体に本をまとめて貸出たりします。 市内全域の全市民に対応したサービスが求められるのです。

しかし、そのサービスにも限界はあります。そんな時に県立図書館の出番がやってくるのです。 県立図書館は県内の市立図書館との連携を計ります。

どちらかというと、市立にはない数々の専門書や多くの資料を所蔵し、市立図への相互貸借を計り、県民への幅広いサービスを計ります。このように市と県が役割を別けて連携し、サービスが成立していくのです。

カテゴリー:図書館というところ



>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る


図書館の種類と役割:関連記事

書架の配置
書籍が並べてある書架の配置は、利用者にとってどこに何があるのが便利なのかを考えて、一番有効な配置に...

図書館マナー
図書館は静かに書籍を読んだり勉強したりするところ・・・。 そういった考えが先行しますが、それは時に...

自動システム
近年、図書館において、目覚ましく導入されたものにはMARC(コンピューターデーターによる目録)もあ...

図書館職員の心得
図書館職員(司書)として働く為に心得ておきたい事として、 利用者の求める情報を探し出す手助けをする...

図書館で過ごすということ
図書館に1日いるといろんな事に気がつきます。 私は主に調べものをしたり、書籍を読んだり、気分転換に...