図書館への就職:図書館司書の資格取得講座


図書館司書の資格を取得してみませんか?

図書館司書になるには、通常、大学の専門の履修科目を受講し、単位を取る必要があります。

しかし、インターネットの通信講座を利用すれば、働きながらでも自宅学習での資格取得も可能です!


>>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る

図書館への就職

図書館への就職は、主に図書館事体が司書としての募集/試験を行う場合もありますが(司書という専門職として)、 市町村などの司書採用は、主にその市町村の職員として試験を受けることになります。

つまり、地方公務員という場合が多いのです。


そこでは、異動なくずっと図書館勤務の場合もありますが、 ほとんどが司書として採用されても市役所内で異動があったりするなど、 永久的な図書館勤務は約束されない場合が多いようです。


また、司書としてではなく、普通に市町村の職員として採用されているものの、 司書資格を持つ為に図書館で数年働く事になる職員も多いようです。


このような実例が実際には一番多く、採用から、定年退職まで司書として図書館に勤務する事ができるという図書館は稀であると言えます。 (県立図書館や国立系の図書館、企業や大学図書館などでは図書館採用の試験を行い、異動なくずっと図書館勤務できる図書館が多い)


他の方法としては、正規の職員でなくても臨時雇用、または嘱託の司書として採用され、 雇用期限が来たら辞めて、別の口を探して行く・・・というふうに多くの図書館を渡り歩いている人も少なくありません。


確かに正規の職員が多く働いているところよりも実際には臨時/嘱託の司書が働いている図書館は多くあるので、 ひとつの図書館で雇用が切れてしまったとしても、別の図書館から声がかかるという事は多いようですが、 雇用期限の問題と賃金の問題から惜しくも辞めていってしまう人も多いとききます。


大変、残念な事ですが、それが現在の図書館就職事情のようです。

運良く正規職員の司書として異動なく図書館に勤務できるのは、本当に狭き門だと言えるのです。

カテゴリー:就職時の体験談



>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る


図書館への就職:関連記事