図書館司書の資格取得:図書館司書の資格取得講座


図書館司書の資格を取得してみませんか?

図書館司書になるには、通常、大学の専門の履修科目を受講し、単位を取る必要があります。

しかし、インターネットの通信講座を利用すれば、働きながらでも自宅学習での資格取得も可能です!


>>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る

図書館司書の資格取得

図書館司書の資格を持つには様々な方法があります。

まず大学に通い、図書館学と呼ばれる数々の専門的な授業や実習を重ね、卒業と同時に資格が認定されるというものです。


これは入学した大学に図書館学の授業が開講されてなければ資格の所得ができません。

しかし、その場合どうすればいいのでしょうか?


実は社会人や図書館学を開講していない大学の学生を対象とした 講習会や通信講座での勉強など方法はいくらでもあります(大学もしくは短期大学で2年以上学んだ人)。

また、図書館で2年以上図書館司書補 (図書館司書の業務を助ける役割を持ちます。図書館司書補となるには高等学校、中学校を卒業した人で大学で集中的に行われる図書館学の講習を受けなければなりません) として勤務した経験がある人は図書館司書として資格を持つ事ができます。


このように図書館司書の資格は図書館学に関しての講習や授業を受けた人が取得できるものです。


しかし、必ずしも資格があるからといって、安心せずに、 多くの経験をつみ日々深い探究心を持って業務に挑む気持ちが大事です。


また、図書館司書資格の他の司書資格と呼ばれるものに学校図書館司書教諭という資格もあります。

これも文字通り、小・中・高校、聾学校、盲学校、擁護学校などの各学校の図書館や図書室などで勤務する為の司書資格です。

これも学校図書館の授業や講習を重ねる必要があります。また、教諭という名のとおり、教員免許を要します。



>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る


図書館司書の資格取得:関連記事