コピーサービス:図書館司書の資格取得講座


図書館司書の資格を取得してみませんか?

図書館司書になるには、通常、大学の専門の履修科目を受講し、単位を取る必要があります。

しかし、インターネットの通信講座を利用すれば、働きながらでも自宅学習での資格取得も可能です!


>>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る

コピーサービス

図書館に行って書籍を利用、もしくは探していると、 どうしても気になる箇所が見つかってコピーをしたくなることや、 調べものをしていて、一部分をコピーしたくなることがあるでしょう。


そういった場合、図書館はコピーサービス(有料)も提供しています。

ただし、書籍にはそれぞれ著作権というものが存在しています。


著作権法第31条をもとに図書館でのコピーサービスは運営されています。

まず、1名につき、1部分を1部づつということになります(勿論営利を目的としない)。


例えば、書籍であれば、1冊のうち半分もコピーできません。

あくまでも一部分と認定できる範囲のページ数になります。

また、定期刊行物であれば、新刊(週刊誌であれば翌週まで、月刊誌であれば翌月まで)のコピーはできません(しかも、貸出もできません)。


このようにいろいろ制限があったりするのも、ひとえに図書館と著作物と著者の関係性によります。

もともと、図書館は無料で書籍を貸出している訳ですから、 著者や出版社にとってはある意味いい存在であるとはいえないかもしれませんが、 図書館は文化と発展の為に存在しているわけですから、 それ故にお互いにいい関係を保つ為に様々な決め事があるわけです。


なので、コピーの量だけでなく、どこの誰がなんという書籍の何ページから何ページまでコピーしたいという旨の 複写申請書まで提出するという仕組みがどこの図書館でもできています。


これは著作権法第31条をもとに決められている事ですが、 矛盾のようなものも多く含まれていて利用者への説明が難しい時もあります。

内容よりも説明の方が難しいといっても過言ではないかもしれませんね。



>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る


コピーサービス:関連記事

延滞の場合の督促
図書館では日々、多くの行方不明本が出ています。 その中のおよそ何割かの高い確立で延滞された本であると...

読み聞かせ
図書館で頻繁に名前をきく"読み聞かせ"。 言葉から、「本を読んで人に聞かせる」という事はわかりますが...

ブックスタート
書籍とのふれ合い・・・。ここでは書籍という難しい名前を使用せずに本という言葉を使いたいと思います。 ...

図書館とネットワーク
図書館は利用者を待つだけの受け身ではありません。 利用者が来館しやすい環境を整えるだけではなく、利用...

リクエスト
読みたい、または調べたい書籍がいつも利用する図書館にない場合、 他の図書館から借りてもらうという相互...

相互貸借
いつもでかける図書館に読みたい書籍がおいてない・・・。 図書館職員に聞いてみたけれどこの図書館におい...

さまざまな企画
図書館では季節に合わせて通常のサービス以外にも様々な企画をたてています。 例えば、小説家や絵本作家、...

館内閲覧
おそらく、図書館を利用する人々の中で一番多い利用のかたちが館内閲覧になるのではないでしょうか? 館内...

障がいを持つ人へのサービス
図書館へは日々、様々な利用者が来館しますが、中には障がいを持った方も多くおられることでしょう。 障が...

遠隔地域へのサービス
図書館が近くのある人は直ぐにでも図書館に来館し、サービスを利用することができますが、 同じサービスを...

子どもの為のサービス
子どもの読書離れは年々増えています。 しかし、幼少からの読書教育がその後の子ども人生における読書生活...

レファレンス
私たちが図書館で何かを調べたいと思った時にそれを調べるにはどの書籍を読めばいいのだろうか?という疑問...

情報検索
図書館は資料だけなくさまざまな情報を得る場を提供する・・・という役割があります。 また、最近の図書館...

視聴覚サービス
図書館では書籍や新聞/雑誌の他にもDVDやビデオ、CDなどの視聴覚資料の貸出や収集も行っていると"視...

返却
借りた書籍を読み終えた、もしくは貸出期限がやってきたら書籍を当然の事ながら返却せねばなりません。 ...

貸出
図書館職員にとって一番多い業務であり、基本でもある業務のひとつが書籍の貸出です。 多くの利用者が日...