一般書籍:図書館司書の資格取得講座


図書館司書の資格を取得してみませんか?

図書館司書になるには、通常、大学の専門の履修科目を受講し、単位を取る必要があります。

しかし、インターネットの通信講座を利用すれば、働きながらでも自宅学習での資格取得も可能です!


>>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る

一般書籍

一般書籍といってもそのジャンルは大きく、そして広いです。

ここでいう一般書籍というのは、視聴覚や児童書、地域資料などを除いた、いわゆる普通の書籍です。


普通という言葉を使用してますが、つまり、各ジャンル、気軽なものから専門的なもの迄、実に多様なものといえます。「書籍の分類」の項でもお話したとおもいますが、そこに掲載されている様々な種類の書籍が含まれます。


例えば、専門的な図書館であればその専門の書籍を中心に収集しますが、ここでは一般的な公立の市町村の図書館を例に挙げて考えたいと思います。


まず、市町村の図書館では専門的すぎるものを扱う事は多くなく、どちらかというと利用者が一番求めると思われる一般的な書籍を所蔵する事が多いです。


小説であればベストセラーや芥川賞や直木賞などの受賞作品などの話題作。

または永遠のベストセラーと呼ばれるような名作が多いでしょう。


また、生活に関わることとして人気が高いのが料理本。

それにガーデニングや植木、裁縫や手芸、日曜大工などの生活に関するものが利用率が高いようです。


また、パソコンのソフト解説本や法律の本や書類の書き方や祭事などに関わることなども多いようです。

現在、多くの図書館で始まっているのがビジネス支援。

免許や資格を得ようと勉強する人々のニーズに答えた資料の収集と閲覧です。


確かに平日の昼間なのに勉強をしている社会人らしき人々を多くみかけます。

このように何かテーマを持った収集をすることで図書館の独自性を出す事になりますが、一番大事なのは利用者が何を求めていかが鍵なのではないでようか?


勿論、司書のおすすめの書籍を置く事も大事かと思いますが、やはり利用者ありき、図書館は利用者の為にあるのです。

その為に図書館員は社会の動きや地域の関心に敏感になっておくことも必要なのではないでしょうか。



>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る


一般書籍:関連記事

地域資料
県や市町村の図書館の重要な役割のひとつとして、地域の資料を収集し、利用者に提供するというものがありま...

児童書(子ども用図書)
子どもに図書を!多くの学校や地域、図書館で呼びかけられている言葉です。 そのとおりに、多くの市町村運...

視聴覚資料
図書館に視聴覚?というと不思議な気がする方も多いでしょうが、視聴覚資料も大事な図書館の資料のひとつで...

雑誌/新聞
図書館といえば、書籍のイメージがあり、利用者の多くは調べたい事がある時はまず書籍を探そうとするでし...

資料の装備
図書館で所蔵している様々な資料を利用しやすく扱いやすくするだけでなく、すぐに貸出しや返却しやすく、ま...

書籍の分類
図書館には膨大な数の様々なジャンルの書籍が所蔵されています。 しかし、種別ごとに分類されずに、その...

書架整理
図書館の書架は例え混雑している時であっても、整然としていなければなりません。 これも図書館司書の仕...

選書
図書館司書にとって、醍醐味とも言える仕事のひとつに選書があります。 どのような利用者にどのような書...