雑誌/新聞:図書館司書の資格取得講座


図書館司書の資格を取得してみませんか?

図書館司書になるには、通常、大学の専門の履修科目を受講し、単位を取る必要があります。

しかし、インターネットの通信講座を利用すれば、働きながらでも自宅学習での資格取得も可能です!


>>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る

雑誌/新聞

図書館といえば、書籍のイメージがあり、利用者の多くは調べたい事がある時はまず書籍を探そうとするでしょう。

しかし、書籍でない情報収集の方法として雑誌や新聞などの逐次刊行物を調べるというのも重要です。


どこの図書館でも情報資料として、新聞を取り扱っています。

または、娯楽という意味合いだけでなく情報資料、時には貴重な資料としても雑誌を収集し閲覧コーナーに配架しています。


これらの逐次刊行物は図書館によって収集するジャンルやタイトルが違ってきます。


まず、大抵の図書館は朝日、毎日、読売、日経の主要4社や地元の新聞や地方の新聞や地域情報新聞、ニューズウィークなどの外国の新聞、図書専門新聞(図書新聞や読書人)を収集し、配架しています。


また、図書館によっては政治の新聞やさまざまな特殊な新聞(電波新聞や農業新聞など)を収集していることもあります。

だいたいどこの世帯でもとっている新聞は一誌程度の事が多いので、他の新聞を読みにくる人や新聞社によって、同じ案件でも書き方や表現は違いますから読み比べたり実にニーズの多い部門ではあります。


これらの新聞は古くなっても極力廃棄せず、収集するのが常例となっている図書館が多いです。(最近では書籍になったりして年刊となっている場合も多い)よくあるサスペンスものや推理もので図書館に古い記事を探しに来て・・・というパターンが実際あるかないかは別ですが、記事を探したり、過去の事を調べたりするのにもとても重宝されます。


それと同じような意味合いで雑誌もバックナンバーまで揃っていることが多く見受けられます。

特に映画雑誌や鉄道雑誌、文芸雑誌など専門的な雑誌は貴重な資料としてニーズが深いと考えることができます。

勿論、娯楽的な読み物としての価値もありますし、時代をする貴重な資料としても活用できます。

このように逐次刊行物である雑誌/新聞は書籍ではありませんが、大事な図書館の資料として重んじられる歴史があるわけです。



>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る


雑誌/新聞:関連記事

一般書籍
一般書籍といってもそのジャンルは大きく、そして広いです。 ここでいう一般書籍というのは、視聴覚や児童...

地域資料
県や市町村の図書館の重要な役割のひとつとして、地域の資料を収集し、利用者に提供するというものがありま...

児童書(子ども用図書)
子どもに図書を!多くの学校や地域、図書館で呼びかけられている言葉です。 そのとおりに、多くの市町村運...

視聴覚資料
図書館に視聴覚?というと不思議な気がする方も多いでしょうが、視聴覚資料も大事な図書館の資料のひとつで...

資料の装備
図書館で所蔵している様々な資料を利用しやすく扱いやすくするだけでなく、すぐに貸出しや返却しやすく、ま...

書籍の分類
図書館には膨大な数の様々なジャンルの書籍が所蔵されています。 しかし、種別ごとに分類されずに、その...

書架整理
図書館の書架は例え混雑している時であっても、整然としていなければなりません。 これも図書館司書の仕...

選書
図書館司書にとって、醍醐味とも言える仕事のひとつに選書があります。 どのような利用者にどのような書...