実習:図書館司書の資格取得講座


図書館司書の資格を取得してみませんか?

図書館司書になるには、通常、大学の専門の履修科目を受講し、単位を取る必要があります。

しかし、インターネットの通信講座を利用すれば、働きながらでも自宅学習での資格取得も可能です!


>>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る

実習

現在の図書館司書資格の取得の為の履修科目には、実習と呼ばれるものは入っていません。(過去にはあったようです)

しかしながら、図書館を知るために研修生やアルバイト、またはボランティアとして、 実際に職員として就職する前に、少し図書館勤務体験をしていくのは大事なことなのではないでしょうか?


事実、図書館司書の資格を得るまでの間、もしくは職員として就職する前に体験をしておくと、 経験があるということで採用に一歩近づくことも夢ではありません。 (勿論、面接や他の試験の結果がよければという前提にあります)


図書館によっては職員以外の研修生やアルバイトには出来ない業務も沢山ありますが、 貸出業務や返却業務、資料の装備や修復、書籍の配架などは体験できると思います。

また、研修において、大事な事はそれぞれの図書館が持つ空気を知ることも出来るのではないでしょうか。


地域によって利用者層も大きく違い、それによって利用者の求める資料や図書館の利用の仕方が違ってきます。

司書はその地域に応じたサービスのスキルを身につけていく事を必要とされます。


また、考え方もいろいろあるかと思いますが、 図書館司書は基本的に情報のスペシャリストであると同時にサービス業とも言えるのではないかと私は考えています。

丁寧な正しい言葉使いと真摯な対応は、利用者の信頼を得るためには必要な技術です。


そういうふうに自分の体験からも図書館を体験できますが、 周囲のいい見本ともいえる図書館司書の仕事ぶりを生で見る事ができるという事が最も大きな利点となります。

様々な利用者への様々な対応を実例として、身をもって近くで体験できるのですから、 これ程、いいお手本はないのでしょうか?


このように現場に出て現場を知るという事は、図書館に限らず、どんな職場においても言えることでしょう。

カテゴリー:実習



>>図書館司書資格が取得できる通信講座の一覧を見る


実習:関連記事